かねごんの素敵フォルダ

I happy. You happy.

◆「愛されたい」という心の叫びを 叶える為に身につけた必死の生存戦略。

f:id:kanekokaneko55:20170915024957j:plain

 

「俺の気持ちよりも大切なものがあるんだ

 

昔、小学生の頃かな

友達の家に遊びに行きたくて

スイミングスクールに行くのが

嫌で嫌でしょうがなかった。

 

それで母親に勇気を出して

 

「今日スイミング休みたい」

 

そう伝えたんだけど

その思いは聴き入れてもらえなかった。

しかもこう言われた。

 

「お母さんは仕事中なんだからワガママ言わない」

 

今なら母の気持ちはすごくわかる。

 

けどその時の僕には

それが理解できず悲しくなって

その場でしゃがみこんでダダをこねてた。

 

 

「俺の気持ちよりも大切なものがあるんだ

 

そんな風に感じたし

それと同時にこうも思った。

 

「お母さんには本音を伝えてもダメなんだ。

俺の気持ちじゃなくて

風邪ひいたとか、高熱が出たとか

そういう『ちゃんとした理由』

誰もが『それなら、しょうがないねという理由』

を提示しなければ

俺の願いを叶えることはできないんだ。。」

 

なんか、とにかく悲しくて

寂しくなったのを覚えてる。

 

 

母が悪いとは思わない。

 

喘息で苦しむ僕に

少しでも体力をつけてほしくて

もう喘息で苦しむ僕の姿を見たくなくて

母はスイミングスクールに通わせてたし

「行かせなきゃ」という想いも強くあったろう。

 

だから感謝している。

 

けど、その当時の僕の心にはズシンときたんだ。

 

ーーーーーーーーーー

 

・自分になんて価値はないと思い込んでる。

・怖くて本音を伝えられない

 

こういう人は多いと思うし

 

・本音を伝えても伝わらなくて悲しくて、相手にひどいことを言ってしまう。

・相手にかまってほしいから弱者ぶってしまう人

(母にダダをこねてた昔の僕のように)

 

こういう人も多いと思うんだけど

 

そういう人たちはきっと

これまで生きてきた中のどこかで

 

「僕(私)の気持ちなんてどうでもいいんだ」

「自分の本音よりも大切なものがあるんだあの人には」

 

そう感じて強い悲しみを

味わったことがあるんだと思う。

 

スイミングスクールに行きたくなくて

親に思いを伝えたけど一蹴されて

悲しくて寂しくてダダをこねた僕のように

 

相手に思いを、本音を

そのまんま伝えたってどうせ

絶対にわかってもらえない。。

 

「だったら

 

そう感じて

 

「だったら」のその先の部分に

 

・泣いてダダをこねまくったり

・いじけて口をきかなくなったり

・ムシャクシャして他に八つ当たりしたり

不登校、引きこもりになったり

過呼吸になって気を引かせようとしたり

・ヒステリックになって弱者ぶったり

  

いろんなことを

埋め込んだんじゃないだろうか。

 

自分の本音を相手にわかってほしくて

必死にあの手この手を使ったんじゃないだろうか。

 

幼かった君は「生きる」ために

必死で親に愛されようとしたんだと思う。

 

「愛されたい」という君の心の叫びを

叶える為に身につけた必死の生存戦略なんだ。

 

その時に感じた強い悲しみ。さみしさ。

それがまだ癒えてなくて

 

自分でこねくり回してしまうことが

もう癖になってしまっていて

 

今もそれを繰り返してるんだ。

今もやめたくてもやめられずに苦しんでいるんだ。

 

そんな自分が嫌で

否定してしまうこともあるだろうけど

 

でも大丈夫だよ。

自分を否定なんてしなくていい。

自分を嫌いにならなくていいよ。

 

繰り返すけど、だってそれは

 

「愛されたい」という君の心の叫びを

叶える為に身につけた必死の生存戦略なんだから。

 

 

その上でこれからの話。

 

それを理由にして勇気を出さなきゃ

いつまでたっても本当の愛には到達できない。

 

 

必死の生存戦略

 

なんか愛おしくなるよね、自分が。

 

僕は私はそこまでして愛されたかったんだなって。

 

そんな愛おしい自分をさ

 

もうそろそろ

 

不必要な生存戦略から卒業させてあげよう。

 

もう僕らには

 

あの頃に培った必死の生存戦略なんて必要ない。

 

あの頃の幼かった自分は

 

本絵を伝える術を知らなかっただけなんだ。

 

一度挫かれて怖くなって、勇気を出せずにいる。

 

ただそれだけなんだ。

 

でも、今は違うよね。

 

もう気づいてるよね。自分は愛されてるって。

 

あの頃の、あの人にも

 

あの人なりの想いがあったり、状況があったわけで

 

想いを理解してもらえなかったことと

 

「自分が愛されてない」はイコールではないって。

 

そして、今の自分に必要なのは

勇気だけだって、それも気づいてるはずだ。

怖くて心臓ばくばくしてきても

あの頃の痛みが蘇ってきても

それでも勇気を出して目の前の人に

なんの色付けもしてない

ありのまんまの自分の本音を

声に出して伝えればいいだけなんだ。

 

もう、あの頃に培った必死の生存戦略なんて

今の君には必要ないんだよ。

だって、君は愛されてるんだから。

大丈夫!君は愛されてるんだから。

武器や戦略なんて必要ない。

身一つ、ありのまんまの君で想いを伝えられるんだから。

  

ーーーーーーーーーー

 

僕らは伝え方を知らなかっただけなんだ。

 

一度勇気を挫かれて怖くなっただけなんだ。

 

勇気を出して伝えれば

 

その想いはちゃんと相手に伝わる。

 

そして

 

伝わらなかったとしても、それは

 

君自身の価値を輝きを

 

否定する材料には一切なりはしない。

 

 

うまく伝えられない自分。

 

伝わらなくて自分でこねくり回してしまう自分。

 

もうそんな自分を否定しなくていいんだよ。

 

 

大丈夫、ちゃんと伝わるから。

 

大丈夫、伝わろうがどうだろうが君は愛されてるから。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

何か相談したいこと、聴きたいことがある人は、以下のLINE@から個別でメッセージくださいね^^

  ↓ ↓ ↓

f:id:kanekokaneko55:20170314213616p:plain

※ 画像をクリックしてください

※ もしくは以下のIDを検索してください。

@k555

 

僕のFacebookはこちら!

良かったら友達申請してね^^

 ↓↓↓

http://bit.ly/2wcfRja