かねごんの素敵フォルダ

I happy. You happy.

◆「大人なんだから我慢するのが当たり前でしょ」僕はコレできないんです。

f:id:kanekokaneko55:20170410004010j:image

 

要するに、

 

自分の望みを叶えてやらないで自分に我慢させてるから、目の前の相手にも我慢を強いるんだよね。

 

本当は優しくしたいし愛する人の幸せを願ってるのに、そのはずなのに、目の前の相手にも我慢を強いちゃう。

 

なんでかって

 

自分が我慢しまくってるから。本音を蔑ろにしてるから。

 

だから、

 

本当に目の前の相手の自由を幸せを願ってるなら

 

まずは、自分。

 

自分が自分に我慢なんてさせずに、望みを叶えてあげることがスタートになる。

 

やりたいことをやらせてあげる。

 

言いたいことを言わせてあげる。

 

やりたくないことをやめさせてあげる。

 

そうやって、自分が自分の望みを叶えてあげられる存在になった時、

 

それはつまり、自分を大切に扱えるようになり、自分を愛してあげられるようになった時。

 

その時にはじめて

 

目の前の愛する人を、本当の意味で愛せるようになるんだ。

 

f:id:kanekokaneko55:20170410011143j:image

 

楽しそうに『小さなプリンセスソフィア』をテレビで観てる2人の娘たちの後ろ姿をみてて、こんなことを考えてた。

 

3歳と5歳の娘たちが『小さなプリンセスソフィア』とか『アンパンマン』とか『しまじろう』を観たくてたまらなくなるように

 

29歳の父親である僕だって

 

『アメトーク』とか『ホンマでっかTV』がめっちゃ観たくてたまらない時がある。

 

被らない時はいいんだけど

 

番組が被ったり、

 

「ビデオはいつだって観れるでしょ!(`・ω・´) 」という僕の再三の呼びかけにも娘たちが応じない時がくると

 

僕の中にいる、いい子ちゃんぶってるもう1人の自分が

 

「お前は大人なんだから、そんな子供みたいなこと言ってないで、娘たちに譲りなさいよっ!!ψ(`∇´)ψ 」

 

そう言ってきて

 

その度に

 

「俺のこの想いは、欲求はどうすりゃーいぃーんだーーっ!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`) 」

 

って悶絶してw

 

納得してないのに納得したフリして

 

渋々、娘たちにテレビを明け渡してたりしてたんだけど

 

でもそうゆう時は決まって、時間が経つにつれてモヤモヤがイライラに変わっていく。

 

それで勝手にいじけて、勝手に拗ねたりしだす。

 

その繰り返し。

 

ホントにこの繰り返しを何度もやってきた。

 

f:id:kanekokaneko55:20170410012908j:image

 

何度も罪悪感でいっぱいになったし、時には噴火もした。

 

それで、気づいた。

 

「あー無理だなー」って。

 

常に子供を最優先で考えて、自分の想いや欲求は二の次ってできる親もいるのかもしれないけど

 

俺は自分の「こうしたい!」て想いとか欲求「大人気ないっ!」て押し潰そうとしたまんまでは、

 

子供たちの望みを、心の底から気持ちよく叶えてあげるのは無理だなーって。

 

この先はまた違う感覚に行き着くのかもしれないけど

 

今は無理なんだなーって気づいた。

 

だから、もう降参することにした。

 

変に大人ぶることを。

 

大人ぶって理想のパパ像のパパになろうとすることを諦めることにした。

 

僕は29歳。

 

娘たちは2人合わせても8歳。

 

僕は20年以上長く生きてきてて、間違いなく大人なんだけど

 

「パパはこれが観たい!」

「パパはあれがしたい!」

「パパはこう思ってる!」

 

これをちゃんと伝えて、自分の中で押し潰して無かったことにするのはやめようって決めたんだ。

 

・大人気ない

・大人は我慢するべき

・子供が最優先は当然

 

これはただの幻想。

 

こんなのを必死になって守り抜いても、全然素敵な親じゃない。

 

自分を我慢させっぱなしだと、必ず子供にも我慢を強いるようになっちゃう。

 

そんなことは僕は望まない。

 

自分の想いや欲求、望みを大切にしてあげる。そうすると愛する人の想いや欲求、望みも大切にしてあげられる。

 

目の前の人にしてあげることは、自分にしてあげることと同じ。

 

僕自身の望みをしっかりと大切にして、娘たちの望みもとことん大切にする。

 

僕はそんなパパでありたい。

 

「大人なんだから我慢するのが当たり前でしょ」僕はコレできない。

 

だから、

 

もう、いっそのこと降参して、やめることにしたんだ。

 

確かに、

 

・子供を言い負かしたり

・恐怖でもって従わせたり

・力づくでリモコンをとりあげたり

 

そんなことしたら、その部分では対等じゃないから「大人気ない!」となるけど

 

でも、言葉とか、力とか、立場とか、そんな部分ではなくて

 

純粋な望みとか、魂レベルとかでは、大人も子供も完全に対等だと思うんだ。

 

対等な存在として向き合い、純粋な望みを伝え合ったなら「言い負かす」とか「従わせる」とか「操る」とか、そんなものは絶対に存在しえないから。